担当教員
 寺嶋 容明 理論物理学 
 研究内容: 電子などのミクロな物体は、身の回りにある物体とは異なる不思議な法則に従って動いています。私は、その法則に基づいた測定や情報処理の基礎理論を研究しています。また、コンピュータを用いた理科教育についても考えています。
 メッセージ: 自然法則は単純で美しい。その法則を学んで、身近な現象を理解しよう

 青木 悠樹 実験物理学 
 研究内容: 低温・ナノサイズにおける極限環境に特有な物性を調べています。またこれらの工学への応用を目指しております。
 メッセージ: 手を動かして実験をしよう!

 日置 英彰 有機化学 
 研究内容: くすりや染料、調味料からプラスチックまで私たちの身の回りでは多くの有機化合物が活躍しています。このような役に立つ分子を設計し、新しい医薬品や高機能材料となり得る有機分子の開発を行っております。
 メッセージ: 見えない分子をデザインして働き者の分子を創る。大きな夢にチャレンジしよう!

 岸岡 真也 無機・分析化学 
 研究内容: 電気分解では電極表面で電子のやりとりがあり、酸化還元反応が進みます。そのとき電極の表面ではどんなことが起こるのか、またそれはどんな役に立つのかについてを原子分子レベルの視点から研究しています。
 メッセージ: 化学の範囲はマクロな世界からミクロ、ナノの領域まで広がっています

 佐野(熊谷)史 植物細胞学 
 研究内容: いろいろな植物や培養細胞を使って、植物のしたたかな生き方の裏にある秘密を探ったり、それを小・中学校の理科で伝えるにはどうすればよいかを考えたりしています。
 メッセージ: 静的な植物のダイナミックな営みを共に学びましょう

 佐藤 綾 進化生態学 
 研究内容: なぜ雄と雌では見た目や行動などが違うのだろうか、なぜ同じ生物の雄同士でも見た目や行動などが違うのだろうか、そのような生物のなぜ?がどのような理由で生じているのか明らかにしていくための研究をしています。
 メッセージ: 生物のなぜ?を科学的に解き明かしていこう!

 早川 由紀夫 火山学 
 研究内容: おもに火山とその防災を研究していますが、理学だけにとどまることをよしとせず、工学、文学、法律、行政など多角的な視点から研究対象への検討を加えています。さらに、小中高校において教育実践を行っています。
 メッセージ: 火山のしくみと火山災害を研究し、新しい地学教育を考えています

 岩崎 博之 気象学 
 研究内容: 地球温暖化のような長期的な気候変動に伴い、湿潤気候区の日本や乾燥気候区のモンゴルの積乱雲活動がどのように影響を受けるのかを調べています。
 メッセージ: 様々な視点から大気現象を観て、理解の仕方の多様性を学びましょう

 益田 裕充 理科教育学 
 研究内容: 子どもは理科授業を通して何を学んでいるのでしょうか。教師は理科の授業力をどのように向上させるのでしょうか。実際の授業から知を創造する研究に取り組んでいます。
 メッセージ: 理科授業を通して子どもの変容を検証し、教師の授業力を鍛えよう

 栗原 淳一 理科教育学 
 研究内容: 理科の授業で子どもが学びを深めていくための指導法や教材を開発したり、授業を分析して授業づくりの視点を導いたりする研究を行っています。
 メッセージ: 理科の授業方略と子どもの学びを分析・研究し、教師力・授業力を磨こう

 大谷 龍二 科学教育実践 
 研究内容: 小中高の学習内容の系統性を踏まえ、大学で学習する専門分野との関連を探りながら児童生徒の学びを深めるための学習の在り方や教材を開発する研究を行っています。
 メッセージ: 実感を伴った理解を図るための理科指導法を一緒に模索していきましょう